精密板金・各種溶接・製缶・レーザー加工のことなら株式会社 新興産業へ

   

保有技術

新興産業では、以下のような技術を保有しております。

リベット組み立て

従来の配線ダクトの組み立ては溶接後ドブメッキを行う方法が多いが、メッキ剤を使用し、「リベット+嵌め込み工法」を使用し、強度の確保ができる。熱を加えないことで歪み等も無く溶接による焼けも無いので仕上げ工程が不要となる為、短納期、低価格が実現できます。(嵌め込み工法については実用新案取得済み)

 

リベット+嵌め込み前のパーツ画像

 リベット前1 リベット後2

リベット+嵌め込み後の画像

 リベット前1 リベット後2

 

嵌め込み加工

接合部分にオスとメスの加工を施すことにより、組立時の位置決め精度が高く、嵌め込み部分で強度を保てる為、溶接個所を削減できます。

溶接を省くことで、歪みが少なくきれいな製品を作ることができ、同時にコストを低く抑えることができるのが特徴です。

 

嵌め込み前の画像

嵌め込み前1 嵌め込み前2

嵌め込み後の画像

嵌め込み前1 嵌め込み前2

 

△このページのトップへ戻る

Copyright (C) 2009 ShincoSangyo Corporation. All Rights Reserved.