精密板金・各種溶接・製缶・レーザー加工のことなら株式会社 新興産業へ

   

保有設備

その他の設備について

 

 

MARS (自動倉庫システム)

使用用途:運搬・保管

コンピューター制御されている自動倉庫。

 

運搬用のスタッカークレーンと、保管用の棚をもち、それぞれの棚に素材や作られた製品を保管しておくことができる。小スペースで縦の空間を効率よく利用できる。中央コンピューターで他の工作機械と連動して制御されており、人がいない状態や、夜間でも断続的に24時間オートメーション運転を行うことが可能。

 

夜間の間も自動的に連動できるため、中ロット以上の製品では納期を早めたり人件費や電力の削減など、大幅なコストパフォーマンスの向上につながる。自動倉庫はいくつかメーカーがあるが、MARSはAMADA社製。EML3510NT、シャーリングマシンと連動。

 

 

ボール盤

使用用途:穴あけ・タップ加工

ドリル、リーマー、タップなどを回転軸に取付け、刃物を回転させることで穴あけやタップ加工を行う機械。

主に穴あけ、タップ加工、皿モミ加工などに使用。

人の手で位置決め等を行う為、タレパンやレーザー加工機と比べると生産性が劣る。

しかし、タレパン等で加工できない箇所などは位置決めの自由度もあり、効果を発揮する。

 

 

CTS900NT (タッピングマシン)

使用用途:タップ加工

CTS900NTはアマダ社製自動タッピングマシン。

M3,M4,M5,M6の4種類のタップ加工を行うことができる。

CADで作成した図形から、プログラムを自動作成する機能で段取りを削減できる。

高速タッパーを装備しているので、卓上タッパーと比較して3倍の加工能力があり短納期に対応することができる。

加工データをネットワークでサーバーに保管できる為、リピート加工時は前回加工のデータをサーバーから呼び出し再利用でき、コストダウンに貢献している。

新興産業では、角パイプにタップを行えるように工夫をしており、高精度で短納期を実現している。

 

△このページのトップへ戻る

Copyright (C) 2009 ShincoSangyo Corporation. All Rights Reserved.