精密板金・各種溶接・製缶・レーザー加工のことなら株式会社 新興産業へ

   

保有設備

切断機械について

 

 

EML3510NT (タレパン・レーザー複合機)

使用用途:切断・加工

EML3510NTはAMADA社製(EML-NTシリーズ)のレーザータレパン複合機の商品名。タレパンとは、タレットパンチプレス(Turret Punch Press)の略で、タレットは「回る」、パンチは「穴を開ける」、プレスは「圧力を加える」を意味する。

EMLは大型切断機で、素材を切断する際のニーズに合わせて最大加工板厚6mmまでの金属素材を切ることができる。

 

タレパン(タレットパンチプレス)は、パンチで素材に下型(ダイと呼ぶこともある)で穴を打ち抜く機械なので作業コストは安いが、打ち抜くパンチ穴の形状によるため複雑な形の切断に対応しきれない点がある。特殊な形もパンチ穴の型を作れば対応できるが、特殊な形の小ロットの生産では割高になる場合が多い。プレス能力は30トン。通常、金型をプレスすると、型を抜く際にカスが素材表面に上がってしまう現象(カス上がり)が問題となるが、 このEMLはエアジェットバキューム機構を採用し、プレスする際に金型下方で強力な空気を起こして抜きカスを吸い込むため、カス上がり無く、キレイに仕上げることができる。

 

一方、レーザーは2kw出力の発振器を備え、どんな形にでも切断できるが、電力や作業コストは高くなる。この両方を兼ね備えることにより、工作する形や製品によってタレパンとレーザーを使い分け、費用対効果の高い製品を作っていく。

 

このEML3510NTはパンチをセットできる箇所(ステーション)が58ステーションあり、うち2つがどんな角度にでも自由に設定できるオートインデックスを有している。残り56ステーションには様々なサイズの金型をセットできる。この機械の素材置場(通称テーブル)はブラシタイプ。オートインデックスとはパンチの金型が自由な角度に回転し正方形のパンチ穴でも45度回転すれば菱型を打ち抜けるような機能

 

マルチタップ装置を備えており、M3、M4、M5、M6のタップ加工も同時に加工できる。

レーザー出力は2.5kw、タレパンの切断能力は30t

 

 

FO-3015 (レーザー工作機械)

使用用途:切断・加工

剣山タイプテーブルをもつAMADA社製レーザー切断機FOシリーズの1つ。レーザー出力は4kw。

厚みのある素材に対応可能(最大加工板厚19mm)。

 

 

QUATTRO (3次元レーザー工作機械)

使用用途:切断・加工

角型や円型の金属パイプを切断するAMADA社製のパイプレーザー切断機。

 

通常の切断機は平板しか切れないので、金属パイプを加工できる点で需要が高い。広島にある新興産業が金属パイプ加工者のニーズに応え、AMADA社との共同開発で、金属パイプを加工できる機械の日本での1号機が誕生した。チャックに金属パイプを固定し、チャックが回転することにより、 レーザーでパイプ表面を切断加工することができる。また、金属パイプだけでなく奥にある剣山テーブルの上で通常の切断機同様に平板を切ることもできる。

パイプ表面を精密・複雑に切断して、おもちゃのブロックなような状態のものをつくり、それを組み合わせることで、作った製品の強度を上げることがで きる。これを「嵌め込み工法」といい、新興産業が特許を取得した。

デザインの設計に多少時間がかかるため、現段階ではQUATTROでつくった製品は1つあたり1万円~3万円相当する。現在つくられている製品はプラント(ガーデニング)関係、インテリア向けのステンレスアート、回転式の「あんどん」などである。

QUATTROは回転するパイプに対して平面にレーザーを当てる言わば二次元の加工で、パイプに穴加工、切断加工を行うことができる。

レーザー出力は2kw。

 

 

HKB-6050CNC (バンドソー)

使用用途:切断

HKB-6050CNCはアマダ社製のバンドソーの商品名。

バンドソーとは、帯状の鋸刃を回転させ切断する機械である。

切断容量最大600㎜×600㎜、最小25㎜×25㎜、最小肉厚1㎜の切断加工が行える。

54㎜幅の鋸刃でたわみを抑え、切れ曲がりについては検出装置にて検出し、高精度高速切断が可能。形状・サイズ・材質の入力で、最適な切断条件を自動設定し、素材の先端を光電センサーによる自動検出位置決め機能により自動運転を行える。

前バイス連動運転により鋸刃を越えて後退するため、素材をつかみ出し易くなり効率的な尾端切断が可能。自動運転時には送りバイスから前バイスにつかみ替えて自動定寸を行う。この連動運転により、残材寸法20㎜が可能となり歩留りアップに貢献している。

 

 

開先(カイサキ)取り

使用用途:切断機械

開先(カイサキ)取りとは、板厚面に対して角度を付けて角を落とすことを言う。 開先加工とは鋼板同士を繋ぎ合わせる為に、角を斜めにそぎ落とす加工です。 フラットバー(平板)やコラム・H形鋼・パイプの開先を取ることで、後工程での溶接をスムーズに行うことができる。

 

△このページのトップへ戻る

Copyright (C) 2009 ShincoSangyo Corporation. All Rights Reserved.